多賀大社

「伊勢参らば、多賀参れ、お伊勢お多賀の子でござる」という歌がある?ので伊勢神宮の後に多賀大社に参拝してきました。
アマテラスがイザナギ(&イザナミ?)の子なので、子供の方を参拝したら親の方も参れということですね。
多賀大社は滋賀県犬上郡にある神社です。遣隋使・遣唐使で派遣された犬上御田鍬(いぬがみのみたすく)を輩出した犬神族の土地だったのが地名に残っています。
「故、其伊邪那岐大神者、坐淡海之多賀也。」と古事記には書かれている。伊邪那岐大神は淡海(近江=滋賀県)の多賀に鎮座されているということ。古事記に書かれているということは少なくとも西暦712年には多賀社が実在したということが解る。
「ひこにゃん」で有名な彦根市の近く。

祭神
  • 伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)
  • 伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)

説明不要な日本の国産みの神。夫婦だけど実は兄妹。

高宮駅(たかみや)から多賀大社前駅までは近江鉄道本線を離れて多賀線になる。多賀線は閑散期は1時間に1本程度と本数が少ない。多賀大社前駅から高宮駅まで約3kmはタクシーで1300円程度なのでタクシーでも可。初乗りは安いがメーター上がるの速いので長距離注意。
多賀大社前駅から多賀大社の大鳥居まで700m徒歩約8分。駅名が「多賀大社前」なのに意外と遠い。

多賀大社 1
大鳥居前。

多賀大社 2
反り橋。本当は太鼓橋だが豊臣秀吉が寄進したのでもじって「太閤橋」と呼ばれる。橋の弧が急で高さがあるので手も使って四つん這いで登る必要がある。左右に平らな橋がかかっているので無理にこの橋を通る必要はない。
1588年に秀吉の母(大政所)が病臥した時に多賀社に祈願し治癒したので1万石を寄進した。

多賀大社 3
愛宕神社(左)と秋葉神社(右)。
祭神
愛宕神社: 火産靈神(ほむすびのかみ)、伊邪那美神
秋葉神社: 火産靈迦具都知神(ほむすびかぐつちのかみ)

ホムスビ=カグツチなので火産靈迦具都知神というのは? 火の神でイザナギが死ぬ原因になった神。

多賀大社 4
夫婦桜。枝垂桜です。4月の土日はこの桜の下で桜狂言が行われるとか。

多賀大社 5
杓子型の絵馬。
有名な話かもしれませんが多賀大社の縁起物の「お多賀杓子」が料理道具の「お玉杓子」の語源。その形に似ているのでカエルの幼生が「おたまじゃくし」になった。

多賀大社 6
天満神社。
祭神 菅原道眞

多賀大社 7
御神門

多賀大社 8
拝殿(中央)と神楽殿(その後ろの大きいの)

多賀大社 9
鐘楼

多賀大社 10
夷神社(えびすじんじゃ)

祭神 事代主神(ことしろぬしのかみ) 大国主の息子。

多賀大社 11
日向神社(左)、子安神社(中央)、神明神社(右)
祭神
日向神社: 天津日高日子火之瓊々杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと=天孫)
子安神社: 木花開耶姫命(このはなのさくやひめ)。瓊々杵尊の妻。
神明神社: 天照大神、豐受大神

多賀大社 12
能舞殿。お正月の準備中?

多賀大社 13
寿命石。左の字の彫ってある石ではなく右の囲いの中の中央の石。
重源(ちょうげん)(1121-1206)が東大寺の復興(1180年に平重衡による南都焼打で焼け落ちていた)するために伊勢神宮に17日参籠し祈願したところ天照大神が夢に現れ、(成就するまで)寿命を延ばしたければ多賀神に祈願するようお告げがあった。当時、重源61歳。
そこでお告げとおり多賀社に参拝すると柏の葉が舞い落ちてきた。その葉は「莚」(むしろ)の字の形に虫食いがあった。「莚」は分解すると「艹(廿)+延」。重源は寿命が20年延びると喜ぶ。
重源は無事に東大寺を再建させ多賀社に訪れると境内の石に座って遷下(死去)したらしい。

多賀大社 14
寿命石を覗き込んだ。周りの白い石は社務所で。石に名前を書いて寿命石に置いて長寿を祈願します。

多賀大社 15
竈神神社(左)と年神神社(右)

多賀大社 16
金咲稲荷神社への鳥居

多賀大社 17
寿命石の後ろの方。ひっそりとあって最初は気付かなかった。次へ。

多賀大社 18
熊野新宮(左)、天神神社(中央)、熊野神社(右)
祭神
熊野新宮: 速玉之男神(はやたまのおのかみ)
天神神社: 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産靈神(たかみむすひのかみ)、神皇産靈神(かみむすひのかみ)
熊野神社: 櫛美氣野命(くしみきのみこと)

イザナミが死にイザナギがそれを追って黄泉の国に行くともう遺体は腐っていたので離縁することにした。それを約束する為に唾を吐いて生まれたのが速玉之男神。
天之御中主神、高皇産靈神、神皇産靈神は天地開闢の5柱の3柱で造化3神。
櫛美氣野命は熊野に座すスサノオの別名。

多賀大社 19
聖神社(左)と三宮神社(右)
祭神
聖神社: 少彦名命(すくなびこなのみこと)
三宮神社: 角杙神(つぬぐいのかみ)、大戸之道神(おおとのじのかみ)、面足神(おもだるのかみ)、活杙神(いくぐいのかみ)、大戸之邊神(おおとのべのかみ)、惶根神(かしこねのかみ)

スクナビコナはタカムスビの子で大国主の国造りを助ける。
ツヌグイ、オオトノジ、オモダル、イクグイ、オオトノベ、カシコネは神世七代の神。

多賀大社 20
金咲稲荷神社の鳥居

多賀大社 21
金咲稲荷神社の狐。少し怖い顔。

多賀大社 22
金咲稲荷神社。
祭神 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)穀物の神。狐の下の蛙がかわいい。っていうか何で蛙が居るの?

多賀大社 23
森の中のような参道。駐車場からは東参道を使わないならこちらを通ることが多いかと。

多賀大社 24
大鳥居前のお店。駅周辺から多賀大社までの道沿いの建物は景観に配慮した古めかしい外観が保たれています。銀行なども日本家屋風だし。多賀大社のお土産の代表は糸切餅。

多賀大社 25
駅前の大鳥居。

多賀大社 26
御朱印。右上にある葉に「莚」は多賀大社の神紋の1つ「虫くい折れ柏」。重源の話からでしょうね。

多賀大社は中学生くらいまで何度も来ていたのですが、太閤橋を通った(登った)記憶は微かにあるもののそれ以外の記憶が全くないという・・・

猿田彦神社

外宮と内宮の間(と、いってもかなり内宮寄りですが)に猿田彦神社があります。内宮行きのバスが激混みでなければ外宮→猿田彦神社→内宮。バスが混んでて途中下車できそうになければ外宮→内宮→猿田彦神社の順に参拝するのが良いでしょう。

神社の由来は上手く調べられなかったのでhttp://ja.wikipedia.org/wiki/猿田彦神社でウィキって下さい。

祭神
  • 猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)。
  • 大田命(おおたのみこと)

猿田彦は天孫降臨の話に出てくる国津神。天孫が高天原から降臨する際に高天原から葦原中國(あしはらのなかつくに=日本のこと)を照らし道案内を申し出た。伊勢国の五十鈴川の川上が故郷。
鼻長七咫、背長七尺という姿で天狗のモデル。昔の尺は23cmなので背の高さは161cm。直径1尺の円の円周が4咫(あた・た)なので七咫は126cm。計算してみたら思ってた以上に鼻でかい。で、眼がサーチライトのように輝くって怖すぎ。
大田命は猿田彦の子孫。倭姫命に五十鈴川上こそ天照大御神が鎮座するのに良い地であると土地を献じた。

内宮と外宮を結ぶバスは途中で「猿田彦神社前」のバス停で停まります(臨時便を除く)。しかし、内宮の宇治橋から丁度1km徒歩約13分という近さ。おはらい町通りを突き抜けた大きな車道(御木本道路)を左折して200m、または内宮前からバスの通る伊勢街道を北上して御木本道路を左折して130mという道の解りやすささからも徒歩がオススメです。
バスは混むことが多いので車内で身動きできなくて下車に困る可能性もありますし。

猿田彦神社 1
拝殿。

猿田彦神社 2
方位石。拝殿の前にあります(前の写真にも中央より左寄りに写っています)。元々はこの石の場所に神座があったとか。猿田彦は導き(みちひらき)の神なので多くの人がこの石で願掛けをします。願掛けの仕方は神社の人には教えて貰えないので「猿田彦神社 方位石」などのキーワードでググっておくと良いかと。方位除けも。

猿田彦神社 3
たから石。舟形の石が宝船を連想させる?更に蛇が乗っているように見える?とにかく縁起が良いらしい。

猿田彦神社 4
佐瑠女神社(さるめじんじゃ)。天照大神(アマテラス)が岩戸に隠れてこの世が暗くなった時に岩戸の前で踊ったことで有名な天宇受売命(あめのうずめのみこと)が祀られています。
天孫降臨の際、高天原から葦原中國を照らす謎の神が居て、天照大神と高木神(タカミムスビのこと)は天宇受売命に誰なのか聞いてこいと命じた。すると、その神は猿田彦と名乗った。
そして、葦原中國の高千穂峯に着くと今度は邇邇芸尊(ニニギノミコト=天孫)が天宇受売命に(猿田彦はお前に)名前を明らかにしたのだから猿田彦を故郷に送り届けてその名前を付けて仕えるように命じた。これ以降、天宇受売命は猿女君・媛女君(さるめのきみ)と呼ばれるようになった。猿田彦と結婚したわけです。
天宇受売命はエピソードの多い名脇役。縁結びと芸能の神様です。
若い女性が多く参拝されています。特に佐瑠女神社は長い時間祈願される方が多く、写真を撮るのになかなか人がいない状態にならなくてかなり待たされました。

猿田彦神社 5
御朱印。男性の宮司さんに凄く綺麗な字を書かれる方がいらっしゃいます。

伊勢神宮 内宮

一般的な参拝順序は先に外宮に行って後で内宮です。御朱印は一応は内宮が先の頁ということなので外宮で前の頁を空けて次の頁に貰い、内宮で前の頁に貰います。(絶対ではありません)

伊勢神宮の内宮は皇大神宮のこと。
垂仁天皇26年(紀元前4年) 倭姫命が五十鈴川上流の現在地に祠を建てて祀り磯宮と称したのが皇大神宮の始まり。

祭神は天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)。

別宮
荒祭宮(あらまつりのみや): 天照坐皇大御神荒御魂(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)
風日祈宮(かざひのみのみや): 級長津彦命(しなつひこのみこと) 級長戸辺命(しなとべのみこと)
倭姫宮(やまとひめのみや): 倭姫命(やまとひめのみこと)

荒御魂は神の霊魂が持つ2つの側面の1つで神の荒々しい側面、荒ぶる魂。天変地異や病、人の心を荒廃させて争いを起こす。神の怒りを鎮め和御魂(にぎみたま)に変わって貰うべく供物を捧げお祀り(お祭り)する。新しい事象や物体を生み出す、力の源でもある。
風日祈宮は外宮の風宮(かぜのみや)と同じ風(雨)の神を祀る。
倭姫宮は第11代垂仁天皇の第4皇女。ヤマトタケルの叔母。天照大御神を祀った磯宮(現在の内宮)を創建した人なので当然。


境外別宮

月讀宮(つきよみのみや)
  • 月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)
  • 月讀尊荒御魂(つきよみのみことのあらみたま)
  • 伊佐奈岐宮(いざなぎのみや): 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
  • 伊佐奈弥宮(いざなみのみや): 伊弉冉尊(いざなみのみこと)

外宮の月夜見宮(つきよみのみや)の月夜見尊と月讀は同じ神ですが月讀宮は別の場所で近鉄五十鈴川駅から県道12号線を南下し月讀宮入口まで500m徒歩約10分。

瀧原宮(たきはらのみや)
  • 瀧原宮(たきはらのみや): 天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)
  • 瀧原竝宮(たきはらならびのみや): 天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)

こちらも天照大御神ですが別宮。JR紀勢本線の滝原駅から1.6km徒歩約20分。

伊雑宮(いざわのみや)
  • 伊雑宮(いざわのみや): 天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)

こちらも天照大御神ですが別宮。内宮から南東方向に直線距離9km、近鉄志摩線上之郷駅から200m徒歩約3分。

基本的にはJR参宮線の伊勢市駅、近鉄伊勢市駅、宇治山田駅、五十鈴川駅からバス。バスは定期・臨時含め結構多く出るが伊勢市駅から乗るのが無難。他からは満員で乗れないことがある。

伊勢神宮 内宮1
五十鈴川にかかる宇治橋。人が多い場所。よく解らない金クレクレさんがいることあるので注意。

伊勢神宮 内宮2
手水舎から奥に行くとお手洗場がある。本来はここの五十鈴川の水で手洗いと口濯ぎをして清めるが今はあまり川に近寄らない(落ちない)よう注意を促されることも。

伊勢神宮 内宮3
第二鳥居。内宮は右側通行ですが、一部は基本的には一方通行の場所も。でも、参道は真ん中を歩かない。

伊勢神宮 内宮4
神楽殿。御札・お守りなどはこちらで。御朱印も。式年遷宮記念の御朱印帳は参集殿で販売(いつまであるかわかりません)。

伊勢神宮 内宮5
神楽殿。

伊勢神宮 内宮6
皇大神宮下。昨年までは旧御正殿がある更に奥まで進めた。

伊勢神宮 内宮7
御正殿への石段。実際には御正殿そのものには近づけず、参拝する場所は外玉垣南御門前。個人的なお願い事はこちらではしないこと。
御垣内は撮影禁止なので撮影はこの石段まで。

伊勢神宮 内宮8
荒祭宮への途中、御稲御倉(みしねのみくら)の近くの巨木。

伊勢神宮 内宮9
御稲御倉。神明造の高床式倉庫。中世までは校倉造だったらしい。神宮神田で収穫した稲を納め、祭祀の際に大御饌として天照大神に捧げるので一応名前通りの役目で使われている。

伊勢神宮 内宮10
外幣殿(げへいでん)。こちらも神明造の高床式倉庫。宝物庫らしい。

伊勢神宮 内宮11
荒祭宮(あらまつりのみや)にはかなり並んでいました。並ばなくても賽銭だけなら左の方にも。個人的なお願い事はこちらで。

伊勢神宮 内宮12
神楽殿から風日祈宮(かざひのみのみや)への道。

伊勢神宮 内宮13
内宮を通る川。水が透明で綺麗。

伊勢神宮 内宮14
風日祈宮(かざひのみのみや)。今年は台風とか酷かった割に米は豊作でした。

伊勢神宮 内宮15
風日祈宮はまだ旧殿が取り払われていなかったので新旧並び建つ状態。色の違いや屋根の状態の差が20年の違い。

伊勢神宮 内宮16
宇治橋近くの大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)
大山祇神(おおやまつみのかみ)はイザナギ・イザナミの子。山の神。

伊勢神宮 内宮17
子安神社(こやすじんじゃ)。木花開耶姫神(このはなさくやひめのかみ)が祀られている。
安産・子授け・縁結び・厄除け祈願に。写真に写っているような小さな鳥居を奉納する。
木花開耶姫神は大山祇神の娘。石長比売(イワナガヒメ)の妹。天孫である邇邇芸命(ににぎのみこと)の妻であり初代天皇である神武天皇の曾祖母にあたる。富士山の神様としても有名。

伊勢神宮 内宮18
子安神社近くから西(内宮の参道)方向を見る。景色良い。

伊勢神宮 内宮19
御朱印。内宮も外宮も御朱印横に日付だけ書いてくれる。他の神社のように神社名などは書かない。