自宅データセンター鯖向けの底々な性能の低消費電力CPUを比較してみた

CPUのイラスト

「そこそこな性能」ではなく「底々そこそこな性能」なのでお察しください。

自宅鯖達の更新時期を2年以上過ぎてるのに未だにリプレースできていない。基本的にはCPUの性能は低くてよくて低消費電力であることが大事。コアは多い方が嬉しいけど4コア4スレッド以上程度で十分。
超々々低性能な4コアと2コアでマルチスレッドのベンチマークが同程度なら2コアの方がコアあたりの性能が得られそうだからそちらを選ぶけど、PassMarkで3000以上のスコアのCPUならコア数の多い方を選びたい。

さて、本来ならサーバ向けの超多コアなAtom Cxxxx系を素直に選びたいところだがお値段と入手性の問題で諦めざるをえない。
次にAMDのRyzen Embedded V,Rのような組み込み用途やサーバ向けのAMD EPYCも同様にお値段と入手性に難有り。
AMDのノートPC向けRyzen xxxxUやRyzen xxxxGEはメーカー向けに出るCPUなのでxATX系のマザーボードに載せて市販という形が取られない。
結局、AMDは実質的に選択肢に入らず、IntelのAtom系の流れのCeleronのやPentiumや、Atom系ではないラインナップの底辺級のCeleronやPentium, Core i3辺りが選択肢に残ることになる。AMDのノート向けCPUは魅力的なの多いんだけどねぇ。
昨今の電気代を考えると少しでも省電力の方が嬉しいなるとTDP35〜60Wは電気食いすぎ(一般の人のPCとしては全然省電力です)なのでなるべくTDP35W以下、できれば10W前後かな。
古すぎるのは除くと、Celeron J6412, J6413, J6426, N5095, N5095A, N5105, Pentium Sliver N6005, Core i3-10105T、またはこの姉妹チップあたりとなる。
「がとらぼ」の中の人だと選ぶならCore i3-10105TかそうでなければCeleron N5095またはCeleron J6412。入手性の良さならCeleron N5105で、このチップは性能もJ6412を上回る。でも総合的に素性の良さそうなのはJ6412かも。Core i3-10105Tは残念ながら販売しているのを見かけない。

ということでCeleron J6412はPassMarkで4000弱しかないスライム並のザコだけど「がとらぼ」の中の人にとっては一番合いそうなCPU。これは販売されてるけど日本では小売りされてないかも。(Atom系はCPU単体販売ではなくCPU直付けマザーボードの販売ね)

別のアプローチとして普通のCPUを最低クロックで動かして低消費電力にするというのがあるけど、これで本当に超低消費電力って意外と難しい。

ちなみに、現在「がとらぼ」が動いているサーバは前回(7年ほど前に)他のサーバをリプレースした後に余ってた(というか当時のリプレース前の機材の予備部品)だったPentium G630Tが載っている。これは2コア2スレッドでクロックが2.3GHzという低さもあってTDPは35W。10年以上前の販売開始時点で既に超非力な省電力CPUということもあってPassMarkはなんと1029という驚きの低さ。上で挙げた世間的には底々な性能のCeleron J6412の1/4という低いスコア。逆に、Pentium G630Tが緑のザクならCeleron J6412の方はシャアの乗った赤いザクもビックリの4倍の高性能。
まぁウェブのホスティング用なら求めるところが普通のPCと違うのでこういうので十分なんですね。「がとらぼ」だってCDNとか使ってないけど非力さを感じないほど全然速いでしょ?(速さのための工夫はかなりしてるけど)

CPU名世代 プロセスcoreThread Freq GHzTDP↑TDP↓L2-CacheL3-Cache最大メモリAES-NISocketGPUCPU Mark発売時期
Intel Pentium Silver J50409Gemini Lake14443.22.010 -4MB8GBYesFCBGA1090Intel UHD Graphics 6053507Q4 2019
Intel Pentium Gold G5420T8Coffee Lake S14243.2 3525-4MB64GBYesFCLGA1151Intel UHD Graphics 6103508Q2 2019
Intel Pentium Gold G6400T10Comet Lake S14243.4 3525-4MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6103586Q2 2020
Intel Pentium Gold G5600T10Coffee Lake S14243.32.23525-4MB64GBYesFCLGA1151Intel UHD Graphics 6303601Q2 2019
AMD Ryzen Embedded R23122Zen+12243.52.725121MB2MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 3 Graphics3720Q2 2022
Intel Pentium Gold G6405T10Comet Lake S14243.5 3525-4MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6103746Q1 2021
Intel Pentium N641511Elkhart Lake10443.01.26.5 1.5MB 32GBYesFCBGA1493Intel UHD Graphics 10th Gen (16 EU)3760Q1 2021
Intel Celeron G690010Alder Lake S10223.4 46 2.5MB4MB128GBYesLGA 1700Intel UHD Graphics 7103769Q1 2022
Intel Atom x6425E6Elkhart Lake10443.02.012 1.5MB-32GBYesFCBGA1493Intel UHD Graphics 10th Gen (32 EU)3829Q1 2021
Intel Core i3-1000NG410Ice Lake U10483.21.19 -4MB32GBYesBGA1377Intel Iris Plus Graphics (Ice Lake G4)3841Q2 2020
Intel Core i3-8145U8Whiskey Lake U14243.92.12510-4MB64GBYesFCBGA1528Intel UHD Graphics 6203843Q3 2018
AMD Ryzen Embedded R1505G1Banded Kestrel (Zen)14243.32.42512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 3 Graphics3870Q3 2019
AMD Ryzen 3 3200U2 Dali (Zen+)14243.52.62512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 3 Graphics3871Q1 2019
Intel Celeron J641211Elkhart Lake 10442.62.010 1.5MB-32GBYesFCBGA1493Intel UHD Graphics 16 EUs (Elkhart Lake)3921Q1 2021
AMD Ryzen 3 3250U2Dali (Zen+)14243.52.62512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 3 Graphics3945Q1 2020
AMD Athlon 300U6Picasso (Zen+)12243.32.415 -4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 3 Graphics3970Q1 2019
AMD Athlon Gold 3150U4 Dali (Zen)14243.32.425121MB4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 3 Graphics3973Q1 2020
Intel Core i3-10110U10Comet Lake U14244.12.12510-4MB64GBYesFCBGA1528Intel UHD Graphics (Comet Lake)4004Q3 2019
Intel Pentium Gold G6500T10Comet Lake S14243.5 3525-4MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6304005Q2 2020
Intel Celeron N509510Jasper Lake10442.0 15 1.5MB4MB16GBYesFCBGA1338Intel UHD Graphics 16 EUs (Jasper Lake)4014Q1 2021
Intel Celeron N510510Jasper Lake10442.92.010 1.5MB4MB16GBYesFCBGA1338Intel UHD Graphics 24 EUs (Jasper Lake)4020Q1 2021
Intel Celeron G6900T10Alder Lake S10222.8 35 2.5MB4MB128GBYesFCLGA1700Intel UHD Graphics 7104024Q1 2022
Intel Celeron J641311Elkhart Lake 10443.01.810 1.5MB-32GBYesFCBGA1493Intel UHD Graphics 16 EUs (Elkhart Lake)4075Q1 2021
AMD Athlon PRO 200GE5Raven Ridge (Zen+)14243.2 35 1MB4MB64GBYesAM4AMD Radeon RX Vega 3 Graphics4139Q3 2018
AMD Ryzen Embedded R1606G1Banded Kestrel (Zen)14243.52.62512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 3 Graphics4166Q2 2019
Intel Pentium J642611Elkhart Lake10443.02.010 1.5MB-32GBYesFCBGA1493Intel UHD Graphics 32 EUs (Elkhart Lake)4173Q1 2021
AMD Ryzen 3 PRO 2100GE  14243.2 35 2MB4MB YesAM4AMD Radeon Vega 34187Q2 2019
Intel Atom C39585Denverton1416162.0 31 16MB-256GBYesFCBGA1310-4281Q3 2017
Intel Pentium Gold G640510Comet Lake S14244.1 58 -4MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6104293Q1 2021
AMD Athlon 320GE4Dali (Zen)14243.5 35 1MB4MB64GBYesAM4AMD Radeon Vega 3 Graphics4300Q3 2019
Intel Pentium Gold G650510Comet Lake S14244.2 58 -4MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6304378Q1 2021
Intel Pentium Gold G660010Comet Lake S14244.2 58 -4MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6304396Q2 2020
AMD Athlon 220GE5Raven Ridge (Zen+)14243.4 35 -4MB-YesAM4AMD Radeon Vega 3 Graphics4424Q3 2018
Intel Pentium 680510Ice Lake 10243.01.115 -4MB64GBYesFCBGA1526Intel UHD Graphics for 10th Gen Intel Processors4448Q1 2021
AMD Athlon PRO 300GE6Picasso (Zen+)12243.4 35 -4MB-YesAM4AMD Radeon Vega 3 Graphics4475Q3 2019
AMD Athlon 3000G4Dali (Zen)14243.5 35 -4MB64GBYesAM4AMD Radeon Vega 3 Graphics4483Q4 2019
Intel Pentium Gold G660510Comet Lake S14244.3 58 -4MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6304526Q1 2021
Intel Celeron N5095A10Jasper Lake10442.92.015 1.5MB4MB16GBYesFCBGA1338Intel UHD Graphics 16 EUs (Jasper Lake)4535Q3 2021
AMD Athlon 240GE5Raven Ridge (Zen+)14243.5 35 -4MB-YesAM4AMD Radeon Vega 3 Graphics4551Q3 2018
AMD Ryzen Embedded V1500B1Great Horned Owl (Zen)14482.2 16 2MB4MB32GBYesFP5-4558Q1 2018
Intel Pentium Silver N600510Jasper Lake10443.32.010 1.5MB4MB16GBYesFCBGA1338Intel UHD Graphics 32 EUs (Jasper Lake)4597Q1 2021
AMD Athlon Silver PRO 3125GE4Picasso (Zen+)12243.4 35 1MB4MB-YesAM4AMD Radeon Vega 3 Graphics4633Q3 2020
Intel Atom C38585Denverton1412122.0 25 12MB-256GBYesFCBGA1310-4707Q3 2017
Intel Atom C37585Denverton14882.2 25 16MB-256GBYesFCBGA1310-4743Q3 2017
AMD Ryzen 5 3500C Picasso12483.72.125122MB4MB  FP5Radeon Graphics5214Q3 2020
Intel Pentium Gold 750511Tiger Lake U10243.52.02812-4MB64GBYesBGA1526Intel UHD Graphics (Tiger Lake G4)5281Q4 2020
Intel Core i3-9100T9Coffee Lake S Refresh14443.73.135 -6MB64GBYesFCLGA1151-2Intel UHD Graphics 6305519Q2 2019
AMD Ryzen 3 2300U1Raven Ridge (Zen)14443.42.02512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 6 Graphics5557Q1 2018
AMD Ryzen 3 3300U2Picasso (Zen+)12443.52.13512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 6 Graphics5760Q1 2019
Intel Core i3-8300T8Coffee Lake S14443.2 65 -6MB?YesFCLGA1151-2Intel UHD Graphics 6305848Q2 2018
Intel Pentium Gold G7400T11Alder Lake S10243.1 35 2.5MB6MB128GBYesLGA1700Intel UHD Graphics 7105883Q1 2022
AMD Ryzen 3 3350U2Picasso12443.52.135122MB4MB32GB?-AMD Radeon Vega 6 Graphics5889Q1 2019
AMD Ryzen 3 PRO 2300U1Raven Ridge (Zen)14443.42.015 -4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 6 Graphics5975Q1 2018
AMD Ryzen 3 PRO 2200GE1Raven Ridge14443.63.235 2MB4MB  AM4Radeon Vega 8 Graphics6021Q2 2018
AMD EPYC 3101  14442.92.135-2MB8MB1TB --6050Q1 2018
AMD Ryzen 3 PRO 3300U2Picasso (Zen+)12443.52.13512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 6 Graphics6144Q1 2019
AMD Ryzen Embedded V1404I1Great Horned Owl (Zen)14483.62.02512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 8 Graphics6241Q1 2018
AMD Ryzen 3 2200GE Raven Ridge14443.63.235 2MB4MB  AM4Radeon Vega 8 Graphics6351Q2 2018
AMD Ryzen 5 2500U Raven Ridge14483.62.025122MB4MB  FP5Radeon Vega 8 Graphics6527Q4 2017
AMD Ryzen Embedded R23142Zen+12442.1 35122MB4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 6 Graphics6584Q2 2022
Intel Pentium Gold 850512Alder Lake U10564.40.955153.25MB8MB64GBYesBGA1744Intel UHD Graphics 11th Gen (48 EU)6771Q1 2022
AMD Ryzen 5 3450U Picasso12483.52.135122MB4MB  FP5Radeon Vega 8 Graphics6777Q2 2020
Intel Pentium Gold G740011Alder Lake S10243.7 46 2.5MB6MB128GBYesLGA1700Intel UHD Graphics 7106804Q1 2022
AMD Ryzen 5 PRO 2500U1Raven Ridge (Zen)14483.62.02512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 8 Graphics6812Q4 2017
AMD Ryzen 7 2700U Raven Ridge14483.82.225122MB4MB  FP5Radeon RX Vega 10 Graphics6848Q4 2017
AMD Ryzen Embedded V1605B1Great Horned Owl (Zen)14483.22.02512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 8 Graphics6866Q1 2018
AMD Ryzen 5 PRO 3500U2Picasso (Zen+)12483.72.13512-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 8 Graphics6983Q1 2019
AMD Athlon Gold PRO 3150GE4Picasso (Zen+)12443.83.565452MB4MB-YesAM4AMD Radeon Vega 3 Graphics7068Q3 2020
AMD Ryzen 3 PRO 3200GE4Picasso12443.83.335 2MB4MB  AM4Radeon Vega 8 Graphics7071Q3 2019
AMD Ryzen 5 3500U4Picasso12483.72.135122MB4MB  FP5Radeon Vega 8 Graphics7072Q1 2019
AMD Ryzen 7 3700C4Picasso12484.02.325122MB4MB  FP5AMD Radeon Graphics7145Q3 2020
AMD Ryzen 7 3700U4Picasso12484.02.335122MB4MB  FP5Radeon RX Vega 10 Graphics7259Q1 2019
AMD Ryzen 3 3200GE4Picasso12443.83.335 2MB4MB  AM4Radeon Vega 8 Graphics7317Q3 2019
AMD Ryzen 7 PRO 3700U4Picasso12484.02.325122MB4MB  FP5Radeon RX Vega 10 Graphics7324Q2 2019
AMD Ryzen 7 PRO 2700U Raven Ridge14483.82.225122MB4MB  FP5Radeon RX Vega 10 Graphics7330Q1 2019
AMD Ryzen 3 4300U3Renoir (Zen 2)7443.72.72510-8MB64GBYesFP6AMD Radeon 5 Graphics (Renoir)7563Q1 2020
AMD Ryzen 5 PRO 2400GE Raven Ridge14483.83.235 2MB4MB  AM4Radeon Vega 11 Graphics7570Q2 2018
AMD Ryzen 5 2400GE Raven Ridge14483.83.235 2MB4MB  AM4Radeon Vega 11 Graphics7661Q2 2018
Intel Core i3-10105T10Comet Lake S14483.93.03525-6MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6307850Q1 2021
AMD Ryzen 5 3550H4Picasso12483.72.135122MB4MB  FP5Radeon Vega 8 Graphics7958Q1 2019
AMD Athlon Gold PRO 4150GE3Renoir (Zen 2)7443.83.335 2MB4MB32GBYesFP6AMD Radeon 5 Graphics (Renoir)8070Q2 2022
Intel Core i3-10300T10Comet Lake S14483.93.035 -8MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6308119Q2 2020
AMD Ryzen Embedded V1756B1Great Horned Owl (Zen)14483.63.35435-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 8 Graphics8215Q1 2018
Intel Core i5-8600T Coffee Lake14663.71.83525-9MB128GBYesFCLGA1151Intel UHD Graphics 6308290Q2 2018
Intel Core i5-9600T Coffee Lake14663.92.33525-9MB128GBYesFCLGA1151Intel UHD Graphics 6308464Q2 2019
AMD Ryzen Embedded V1807B1Great Horned Owl (Zen)14483.83.45435-4MB32GBYesFP5AMD Radeon Vega 11 Graphics8491Q1 2018
Intel Core i5-10300H10 Comet Lake H14484.52.54535-8MB128GB FCBGA1440Intel UHD Graphics8648Q2 2020
Intel Core i5-10400H10 Comet Lake H14484.62.64535-8MB128GB FCBGA1440Intel UHD Graphics8841Q2 2020
AMD Ryzen 5 3400GE4Picasso12484.03.335 2MB4MB  AM4AMD Radeon Vega 11 Graphics8967Q3 2019
Intel Core i5-9500TE Coffee Lake14663.62.235 -9MB128GBYesFCLGA1151Intel UHD Graphics 6309212Q2 2019
AMD Ryzen 5 PRO 3350GE2Picasso (Zen+)12443.93.335 2MB4MB64GBYesAM4AMD Radeon Vega 10 Graphics9643Q3 2020
Intel Core i5-1230U12Alder Lake U1010124.41.02996.5MB12MB64GBYesFCBGA1744Intel Iris Xe Graphics 80 (Alder Lake)9896Q1 2022
AMD Ryzen 3 5300U4Lucienne (Zen 2)7483.82.62510-4MB32GBYesFP6AMD Radeon 6 Graphics (Renoir)9948Q1 2021
Intel Core i5-10500TE10Comet Lake146123.72.335 -12MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6309960Q2 2020
Intel Core i5-10400T10Comet Lake146123.62.03525-12MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 6309975Q2 2020
AMD Ryzen 3 PRO 4450U3Renoir (Zen 2)7483.72.52510-8MB64GBYesFP6AMD Radeon 5 Graphics (Renoir)10110Q2 2020
AMD EPYC 3201  14883.11.530 4MB16MB1TB SP4r2-10258Q1 2018
Intel Core i5-10500T10Comet Lake146123.82.33525-12MB128GBYesFCLGA1200Intel UHD Graphics 63010292Q2 2020
Intel Core i7-9700TE9Coffee Lake14883.81.835 -12MB128GBYesFCLGA1151Intel UHD Graphics 63010826Q2 2019
AMD Ryzen 5 4500U Renoir7664.02.325103MB8MB  FP6Radeon Graphics11060Q1 2020
AMD Ryzen 3 PRO 4350GE3Renoir (Zen 2)7484.03.535 -8MB64GBYesAM4AMD Radeon 6 Graphics (Renoir)11090Q3 2020
AMD Ryzen 3 4300GE3Renoir (Zen 2)7484.03.535 2MB4MB64GBYesAM4AMD Radeon 6 Graphics (Renoir)11310Q3 2020
AMD Ryzen 3 PRO 5450U4Cezanne (Zen 3)7484.02.62510-16MB32GBYesFP6AMD Radeon 6 Graphics (Renoir)11563Q1 2021
Intel Core i5-10500H10Comet Lake146124.52.54535-12MB128GBYesFCBGA1440Intel UHD Graphics 10th Gen11618Q4 2020

CPU Mark(PassMark)の数値が大きいほど一般的に「高性能」です。このリストでは上が低性能、下が高性能となります。

YouTube動画の動画構造化データを作成するウェブツール

料理動画のイラスト(女性)

最近、「がとらぼ」の中の人はウェブの構造化データにハマッている。(JSON-LDね)
ウェブの記事の本文を明示するArticle構造化データやパンくずリストのBreadcrumbList構造化データ、製品情報を明示するProduct構造化データは既にWordPressのテンプレートやカタログシステム含め「完全自動化」で実装した。
で、「がとらぼ」の中の人がどちらかというと苦手としている動画についても数が多くはないもののウェブサイトに貼っているのでこれの構造化データにも着手したいと考えた。が、数が少ないとはいえ片手の指を折り曲げて数えられる程度というわけではないので全て手動で作成するというのは面倒そう。そこで「半自動化」にしたいと思った。

「がとらぼ」の中の人は大昔に作成した動画を除いてはほぼYouTubeにアップロードして、そのYouTube動画をブログ等に貼っているので動画というのはほぼYouTube。ウェブサイトに貼る他人の動画をも(ほぼ?)全てYouTubeのものなので基本的にはYouTubeの動画のメタ情報取得して構造化データに変換するツールを作れば良さそう。Google公式のYouTube Data APIが提供されているのでYouTube動画のページURLか動画IDからとても簡単に動画情報を取得できる。あとはその情報を加工してVideoObject構造化データ(動画構造化データ)を作成するだけ。この部分だけスクリプトでやらせれば良いかなと。

これは非常に簡単ということもあって自分でもびっくりするほどサクッとできた。
そしたら、なんか調子に乗ってしまいウェブ用ツールに改造。数個のオプションも追加して1週間ほどで公開の運びとなりました。

2022年8月25日時点では、YouTubeの場合は動画URLは動画ファイルURL(実体)ではなくウェブページへの組み込み用のURLを使うのが適切という理解なので動画ファイルURLを示す「contentUrl」は「使わない」、ヴェブページにYouTubeの動画を組み込む際に使用する https://www.youtube.com/embed/XXXXXXXXXXX?feature=oembed 形式のURLを「embedUrl」で示すようにしている。「がとらぼ」の中の人は「これで正しいよね?」と思っているが、イマイチ確信には至っていない。もしも「いやそれ違うよ」とか「より適切なのはこうよ」というのがあればご教示ください。

公開場所: 悪いインターネット YouTube動画構造化データ作成支援
例によっていつものように「悪いインターネット」に置いています。

YouTube Data APIの使用制限が厳しくて1日に利用できる回数がかなり少ないです。そこで、このウェブツールは1IPアドレスから24時間で20回までの制限とさせていただきます。「悪いインターネット」はアクセスが少ないとはいえ1日「数人」が数回ずつ使用するだけで制限を迎える計算です。
使えないよということであったら恐らくYouTube Data APIの使用制限なのでゴメンナサイ。

<script type="application/ld+json">
{
    "@context": "https://schema.org",
    "@type": "VideoObject",
    "name": "ダイソーの300円USBスピーカーでコンクリートスピーカーを作る",
    "description": "「ダイソーの300円USBスピーカーでコンクリートスピーカーを作る」https://gato.intaa.net/archives/24736 の関連動画です。\nダイソーの300円スピーカーを片側約2.4kg(両側約5kg)のモルタルで作ったエンクロージャに埋め込みました。パッシブラジエーターを入れたので空気室は狭め(片側200ml)で完全密閉。\n硬くしっかりした箱鳴りの無いスピーカーに仕上げました。\nこの動画は音の変化を聴き比べようという試みでしたが、マイクがおもちゃなので動画ではあまり違いがよく判らず。(耳で直接聴くと大違い)\n一応、比較用に似たようなスピーカーを搭載したロジクールのZ120BWも。ただし、耳分量でこんなもんだろうと音量を決めたら小さかったみたい。\nコンクリートスピーカーのアンプは改造前と同じダイソースピーカー内蔵の低音が出ないアンプで、音量設定も改造前と同じですが音量がだいぶ大きくなった様に聞こえます。これはパッシブラジエーターのよるものと思われます。中高音はキビキビ、悪く言えば硬い感じ。低音は僅かに改善するも基本的には出ていない。元のペラペラエンクロージャで変な音が鳴っていたのがなくなってしっかり鳴るようになったので総合的には大改善。後日、アンプを変えて試す予定。プラス一回り大きなスピーカーも作成予定。",
    "thumbnailUrl": [
        "https://i.ytimg.com/vi/Q2zcPxCn3vg/default.jpg",
        "https://i.ytimg.com/vi/Q2zcPxCn3vg/mqdefault.jpg",
        "https://i.ytimg.com/vi/Q2zcPxCn3vg/hqdefault.jpg",
        "https://i.ytimg.com/vi/Q2zcPxCn3vg/sddefault.jpg",
        "https://i.ytimg.com/vi/Q2zcPxCn3vg/maxresdefault.jpg"
    ],
    "uploadDate": "2020-05-22T14:34:14Z",
    "duration": "PT2M46S",
    "embedUrl": "https://www.youtube.com/embed/Q2zcPxCn3vg?feature=oembed"
}
</script>

人が読みやすいようにJSONエンコード無し、整形あり、「/」をエスケープしないという3つのオプションをオンだとこんな感じ。こちらの方が良いというならこれをウェブサイトに貼っても問題ないみたい。少なくともGoogleさんのリッチリザルト テストはこれでも通る。

<script type="application/ld+json">{"@context":"https:\/\/schema.org","@type":"VideoObject","name":"\u30c0\u30a4\u30bd\u30fc\u306e300\u5186USB\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u3067\u30b3\u30f3\u30af\u30ea\u30fc\u30c8\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u3092\u4f5c\u308b","description":"\u300c\u30c0\u30a4\u30bd\u30fc\u306e300\u5186USB\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u3067\u30b3\u30f3\u30af\u30ea\u30fc\u30c8\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u3092\u4f5c\u308b\u300dhttps:\/\/gato.intaa.net\/archives\/24736\u3000\u306e\u95a2\u9023\u52d5\u753b\u3067\u3059\u3002\n\u30c0\u30a4\u30bd\u30fc\u306e300\u5186\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u3092\u7247\u5074\u7d042.4kg(\u4e21\u5074\u7d045kg)\u306e\u30e2\u30eb\u30bf\u30eb\u3067\u4f5c\u3063\u305f\u30a8\u30f3\u30af\u30ed\u30fc\u30b8\u30e3\u306b\u57cb\u3081\u8fbc\u307f\u307e\u3057\u305f\u3002\u30d1\u30c3\u30b7\u30d6\u30e9\u30b8\u30a8\u30fc\u30bf\u30fc\u3092\u5165\u308c\u305f\u306e\u3067\u7a7a\u6c17\u5ba4\u306f\u72ed\u3081(\u7247\u5074200ml)\u3067\u5b8c\u5168\u5bc6\u9589\u3002\n\u786c\u304f\u3057\u3063\u304b\u308a\u3057\u305f\u7bb1\u9cf4\u308a\u306e\u7121\u3044\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u306b\u4ed5\u4e0a\u3052\u307e\u3057\u305f\u3002\n\u3053\u306e\u52d5\u753b\u306f\u97f3\u306e\u5909\u5316\u3092\u8074\u304d\u6bd4\u3079\u3088\u3046\u3068\u3044\u3046\u8a66\u307f\u3067\u3057\u305f\u304c\u3001\u30de\u30a4\u30af\u304c\u304a\u3082\u3061\u3083\u306a\u306e\u3067\u52d5\u753b\u3067\u306f\u3042\u307e\u308a\u9055\u3044\u304c\u3088\u304f\u5224\u3089\u305a\u3002(\u8033\u3067\u76f4\u63a5\u8074\u304f\u3068\u5927\u9055\u3044)\n\u4e00\u5fdc\u3001\u6bd4\u8f03\u7528\u306b\u4f3c\u305f\u3088\u3046\u306a\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u3092\u642d\u8f09\u3057\u305f\u30ed\u30b8\u30af\u30fc\u30eb\u306eZ120BW\u3082\u3002\u305f\u3060\u3057\u3001\u8033\u5206\u91cf\u3067\u3053\u3093\u306a\u3082\u3093\u3060\u308d\u3046\u3068\u97f3\u91cf\u3092\u6c7a\u3081\u305f\u3089\u5c0f\u3055\u304b\u3063\u305f\u307f\u305f\u3044\u3002\n\u30b3\u30f3\u30af\u30ea\u30fc\u30c8\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u306e\u30a2\u30f3\u30d7\u306f\u6539\u9020\u524d\u3068\u540c\u3058\u30c0\u30a4\u30bd\u30fc\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u5185\u8535\u306e\u4f4e\u97f3\u304c\u51fa\u306a\u3044\u30a2\u30f3\u30d7\u3067\u3001\u97f3\u91cf\u8a2d\u5b9a\u3082\u6539\u9020\u524d\u3068\u540c\u3058\u3067\u3059\u304c\u97f3\u91cf\u304c\u3060\u3044\u3076\u5927\u304d\u304f\u306a\u3063\u305f\u69d8\u306b\u805e\u3053\u3048\u307e\u3059\u3002\u3053\u308c\u306f\u30d1\u30c3\u30b7\u30d6\u30e9\u30b8\u30a8\u30fc\u30bf\u30fc\u306e\u3088\u308b\u3082\u306e\u3068\u601d\u308f\u308c\u307e\u3059\u3002\u4e2d\u9ad8\u97f3\u306f\u30ad\u30d3\u30ad\u30d3\u3001\u60aa\u304f\u8a00\u3048\u3070\u786c\u3044\u611f\u3058\u3002\u4f4e\u97f3\u306f\u50c5\u304b\u306b\u6539\u5584\u3059\u308b\u3082\u57fa\u672c\u7684\u306b\u306f\u51fa\u3066\u3044\u306a\u3044\u3002\u5143\u306e\u30da\u30e9\u30da\u30e9\u30a8\u30f3\u30af\u30ed\u30fc\u30b8\u30e3\u3067\u5909\u306a\u97f3\u304c\u9cf4\u3063\u3066\u3044\u305f\u306e\u304c\u306a\u304f\u306a\u3063\u3066\u3057\u3063\u304b\u308a\u9cf4\u308b\u3088\u3046\u306b\u306a\u3063\u305f\u306e\u3067\u7dcf\u5408\u7684\u306b\u306f\u5927\u6539\u5584\u3002\u5f8c\u65e5\u3001\u30a2\u30f3\u30d7\u3092\u5909\u3048\u3066\u8a66\u3059\u4e88\u5b9a\u3002\u30d7\u30e9\u30b9\u4e00\u56de\u308a\u5927\u304d\u306a\u30b9\u30d4\u30fc\u30ab\u30fc\u3082\u4f5c\u6210\u4e88\u5b9a\u3002","thumbnailUrl":["https:\/\/i.ytimg.com\/vi\/Q2zcPxCn3vg\/default.jpg","https:\/\/i.ytimg.com\/vi\/Q2zcPxCn3vg\/mqdefault.jpg","https:\/\/i.ytimg.com\/vi\/Q2zcPxCn3vg\/hqdefault.jpg","https:\/\/i.ytimg.com\/vi\/Q2zcPxCn3vg\/sddefault.jpg","https:\/\/i.ytimg.com\/vi\/Q2zcPxCn3vg\/maxresdefault.jpg"],"uploadDate":"2020-05-22T14:34:14Z","duration":"PT2M46S","embedUrl":"https:\/\/www.youtube.com\/embed\/Q2zcPxCn3vg?feature=oembed"}</script>

オプション(3つ):オフで出力した。数行に見えるけど、実際は1行。日本語は \uXXXX みたいな文字コードに変換されてるので理解できないものになってるけどウェブサイトに貼るのはこんな感じ。

Google XML Sitemapsプラグインの更新日時通知のバグ? のおまけ Pingって何?

Ping
©いらすとや.

この記事は前回のおまけです。

この記事のPing機能はGoogle XML Sitemapsプラグインのオマケ機能で、WordPress標準のサイトマップ表示機能や他のサイトマップ出力プラグイン(の多く)には搭載されていません。何で他(の多く)には無いかというと「どうでも良い」からだと思う。

Google XML Sitemapsサイトマッププラグインに含まれるPing機能って何だろう?

XMLサイトマップ出力用プラグインには、一部ではあるけど更新通知(Ping)機能が含まれているものがある。これはXMLサイトマップの出力とは別の働きをするものだが関連が無くはない。そしてあった方がベターかも。
XMLサイトマップは飲食店のテーブルの上に置いてあるメニュー表のようなもの。新規のお客さんならどんなメニューがあるのかしげしげと眺めるだろうし、常連さんでも新しいメニューが増えてないか取り敢えず見るという人もいるかも。まぁ放っておけばお客さん次第になる。ここで、店の人が常連の客に「メニュー増やしました」「一部新しくしたんだよね」と声をかけたら「あっそうなんだ」でメニューを見て貰える可能性がある。とにかく、「メニュー更新したよ」これが更新通知(Ping)。
XMLサイトマップ出力用プラグインでPing機能があるものだと、ページを追加したり更新したときにPing送信を行ってGoogleにサイトマップの更新を伝える。実際には「更新したよ」ではなく「サイトマップはここよ(だから改めて見てね)」って伝えてるんだけど。

手動でPingを送信してみる

Google XML Sitemaps (別名: XML-Sitemaps)プラグインでのPingはどのようなことをしているでしょうか。
2022年8月19日時点で最新版のバージョン 4.1.5 ではBingへの通知は無くなってGoogleにのみ送るようになっているみたい。
WordPressの在り処/wp-content/plugins/google-sitemap-generator/sitemap-core.phpの2300行あたりにGoogleへのPingのコードがある。

やってることは 既成のプラグインを使わずにコードを自作するような人なら知ってるのと同じで
http://www.google.com/webmasters/sitemaps/ping?sitemap=https://example.com/sitemap.xml にアクセスしているだけ。 https://example.com/sitemap.xml の部分は自身のウェブサイトのサイトマップのURLに読み替えてください。

スクリプトでの自動処理ではなくターミナルでこのURLにアクセスするとどのような応答があるのか試してみる。(ブラウザでも良い)

「がとらぼ」のサイトマップのURLを送信してみた。
$ curl "http://www.google.com/webmasters/sitemaps/ping?sitemap=https://gato.intaa.net/sitemap.xml"
<html><meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
<head><title>Google Webmaster Tools
-
Sitemap Notification Received</title>
<meta name="robots" content="noindex, noodp">
<script src="https://ssl.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript">
    </script>
<script type="text/javascript">
      _uacct="UA-18009-2";
      _utcp="/webmasters/";
      _uanchor=1;
      urchinTracker();
    </script></head>
<body><h2>Sitemap Notification Received</h2>
<br>
Your Sitemap has been successfully added to our list of Sitemaps to crawl. If this is the first time you are notifying Google about this Sitemap, please add it via  <a href="http://www.google.com/webmasters/tools/">http://www.google.com/webmasters/tools/</a>  so you can track its status. Please note that we do not add all submitted URLs to our index, and we cannot make any predictions or guarantees about when or if they will appear.</body></html>

緑色の行が通知のコマンドで、その後の白字の全部(HTML)がGoogleからの応答。
「サイトマップの通知を受け取りました、クロール(予定の)リストに追加しました」という返事をいただけたのでこれで完了。
これを「Ping」(ピン)と称している。
WordPressのGoogle XML Sitemapプラグインでは「投稿」「固定」ページを公開/更新した場合にこのPingを送信している。また、投稿/更新に関係なく24時間に1度程度で送信するようになっているみたい。これで更新頻度の低いウェブサイトでもSitemapの通知だけは毎日行うことになる。
という建前になっている。それを確認したいのだが通常運用状態のWordPressでは表示できないみたい。なんとももどかしい。

Google XML SitemapsプラグインのPing送信結果を確認する

おそらく自前のウェブサーバだろうがレンタルサーバだろうが何らかの方法でWordPressのデータベースにアクセスする方法がある筈。
wp_optionsテーブルのカラム名「option_name」で値が「sm_status」のレコードを探して、そのレコードの「option_value」カラムの値を確認する。 SQLコマンドが使えるなら実行例は下のようなの。

> select `option_value` from wp_options where `option_name` = 'sm_status';
+----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| option_value                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       |
+----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| O:28:"GoogleSitemapGeneratorStatus":4:{s:40:" GoogleSitemapGeneratorStatus start_time";d:1660907920.331393;s:38:" GoogleSitemapGeneratorStatus end_time";d:1660907921.110994;s:42:" GoogleSitemapGeneratorStatus ping_results";a:1:{s:6:"google";a:5:{s:10:"start_time";d:1660907920.333783;s:8:"end_time";d:1660907921.105341;s:7:"success";b:1;s:3:"url";s:97:"http://www.google.com/webmasters/sitemaps/ping?sitemap=https%3A%2F%2Fgato.intaa.net%2Fsitemap.xml";s:4:"name";s:6:"Google";}}s:39:" GoogleSitemapGeneratorStatus auto_save";b:1;} |
+----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

この例だとend_time";d:1660907921・・というのがPing送信完了日時で1660907921はUNIX時間で2022年08月19日20:18:40(JST)で、この記事を書いている時点では「小一時間ほど前」くらい。上の例ではわかり易いように黄色にしたけどsuccessの文字列が見えているので送信成功みたい。そのsuccessの少し後に http://www.google.com/webmasters/sitemaps/ping?sitemap=https%3A%2F%2Fgato.intaa.net%2Fsitemap.xml というのが見えているが、先にあげた送信先URLで合っている。コロン「:」やスラッシュ「/」はURLパラメータには直書きすべきではないので%3Aや%2Fに変換されているけど。

そして、前回書いたようにGA TIDは「1」でも何でも良いので未入力にはしない。未入力だとこのレコードが更新されないところを見るとPingが実行されていない可能性がある。

前回の記事のようにWordPressの管理パネルの表示がヘンだから信じられなくてもデータベースには一応記録があるのでそれを見ればOKということが判った。
また、通知機能が無いXMLサイトマッププラグインを使っている場合でもPingを送るのがコマンド1行でできる簡単なことなので1日1回など好きなタイミングで定期送信するようにしても良いし、多少WordPressを弄れるのであれば投稿時や更新時にフックしてping送信できる筈。

Pingが何故どうでも良い機能なのか

Googleは、Pingを送信したからといって必ずしもそれをトリガーとしてすぐにサイトマップをクロールしてくれるとは限らない。新しいサイトやコンテンツ価値が低いという扱いにされたサイトにはなかなか来ないかも。逆に、Pingを送らなくてもSearch Consoleでサイトマップを登録していればGoogleクローラーさんの都合とタイミングで勝手にクロールしてくれる。だからPing送信は無くても良いけど有ったらベター程度のもの。
で、前回の記事では、WordPress用のGoogle XML SitemapsプラグインのPing通知が正常に機能したか怪しいということと、通知(Ping)は必須ではないということを書いたけど、通知できてなくてもそれが重大な問題ではない(通知機能が必須ではない)というのはそういうこと。(Ping送信ではなくサイトマップ出力が異常なら重大な問題です)

Ping送信先のURLを見ると旧ウェブマスターツール系のシステムっぽいところから、その内廃止になるかもしれませんし、なんなら既に存在するだけで機能していないかもとさえ思います。実際のところSearch Consoleでサイトマップを登録できてそれなりの頻度でクロールされる状態で且つリクエストしてもすぐに来るとは限らない現在、存在する意味はあまりないのではと思います。

特に新しいドメインの新規サイト、記事数が少なくて1,2年以上長期間放置していたサイトは、リクエストしてもなかなかGooglebotが訪れてくれませんし、検索インデックスにもなかなか登録して貰えません。(つまりググっても出てきません)  サイトマップをSearch Consoleで登録してもその傾向は変わりません。登録したいページURLを個別にインデックス登録リクエストするのが最も早いでしょう。(それでも数日以上かかるかも)
新しいサイトや長期放置したサイトなどは過去記事のインデックス登録リクエストが必要ですし、投稿頻度を上げたとしても半年〜1年はコンテンツ(記事)を公開する度にSearch Consoleでインデックス登録のリクスエトをする方が良いでしょう。反対にクローラーが頻繁に訪れてくれるようになったサイトは、サイトマップがしっかり表示されていれば個別のコンテンツのインデックス登録のリクエストはほぼ不要だと思われます。過疎気味なこの「がとらぼ」でさえ投稿(記事公開)後に数時間も待たずに検索インデックスに登録されるくらいですから。

Up