粗悪なRTL-SDR受信機が届いた話

お金をドブに捨てる
©いらすとや.

RTL-SDR受信機で航空機が発信するADS-Bの1090MHzを受信してAlightAwareなどにフィードするというのを2020年は頑張っていたのだけど、実家で稼働していた受信セットの何かが壊れたらしく現在はフィードはお休み中となっている。受信セットのSBCは電源が入らないということで壊れたデバイスの疑いが一番高いのだが、それにUSBでつながっているRTL-SDRチューナーも怪しくはある。もちろん、その先のLNAやBPFも壊れている可能性はある。すでにSBCはOrange Pi Zero2を購入済みで、現在は準備中。そしてチューナーも念の為に買っておきたい。「実家にSBCを持っていきました」→「RTL-SDRチューナーが壊れてました」→「さらに1,2ヶ月復旧できない」というのは避けたいし、仮に現在は壊れていないにしてもいつ壊れるかもわからないので予備があった方が良い。

日頃はAliExpressを使うことが多いのでBanggoodで買うことはないのだが、Banggoodの支払い方法の1つBGpayの残高に余裕があったのでそれでRTL-SDRチューナーを買うことにした。が、BanggoodはRTL-SDRチューナーの品揃えは良くなくて、全部食指が動かない。そんな中、見つけたのがRTL-SDR.COMというブログの定番チューナーっぽい代物。本物なら素晴らしいがニセモノは悲惨。

このアマゾンリンクはこのページに書いている粗悪品ではありません。
RTL-SDR.COMにあるRTL-SDRドングルのAmazon商品へのリンクこれは本家の指してる品なので本物(オリジナル)の筈。
期待したRTL-SDR.COMブログチューナー 1
期待したRTL-SDR.COMブログチューナー 2 Banggoodの製品説明ページに貼ってある画像。これはオリジナルのものと同じ。つまり、これが届けばサイコー。

しかし、購入者のレビューを見ると違うものが届いたというのがある。違うものといえばアレ。銀色の塗装は同じだけど形が体温計のケースみたいな直方体でRTL-SDR.COMではなくRTL.SDRとか書いてるやつ。色は複数。これとは別に青くてイルカの絵が書いてある一見気色が違うようで中身は同じというのもある。
Banggoodなので販売に力を入れていない製品はお高め、というか提示価格がUS$33.99で送料別なのでRTL-SDR.COMのオリジナルとほぼ変わらない。(ここから少し値引きがあるけど)
これで粗悪なニセモノが送られて来たら(半分判ってるだけに)金をドブに捨てるようなものだなと思いつつも他にBGpayを使って買いたい品がないので注文。

粗悪なRTL-SDR受信機を買ってしまった話 1
注文は1月24日(日曜日)の夜。到着は2月2日(火曜日)。実質9日なので最近だと早い方。Banggoodの「日本ダイレクトメール」は送料お高めだけど日本まではYDH(2021年現在)で日本国内の輸送は佐川急便。しかし、今回配送に使ったのは「Air Parcel Register」。これが情報があまり無くてよくわからないけど評判だけは悪い。通知された伝票番号が佐川のそれだったので結局YDHのウェブサイトで検索すると中国内もトラッキングできた。日本到着後は佐川のウェブでも検索できるようになった。あれっ、それなら日本ダイレクトメールと同じじゃんよ。何でAir Parcel Registerは評判悪いの?

粗悪なRTL-SDR受信機を買ってしまった話 2
オレンジのBanggoodの袋を開けたら出てきたもの。RTL.SDRが書かれてるのでこの時点で粗悪なニセモノです。ありがとうございました。

粗悪なRTL-SDR受信機を買ってしまった話 3
手前からロッドアンテナ2種。一番手前のは根本がSMA端子になっているのでチューナーのアンテナ端子(SMA)に直付けもできるしSMA端子の付いた同軸ケーブルを使って好きなところに置ける。手前から2番めのロッドアンテナは根本がネジ式になっていて、一番奥のSMA端子付き同軸ケーブルのアンテナ台に取り付けるようになっている。このアンテナ台は台座が狭い上に軽いのでロッドアンテナを安定させることはできない。台座の裏に両面テープなどが必須かと。
画像中央は最も欲しくなかった粗悪な造りのチューナー。

粗悪なRTL-SDR受信機を買ってしまった話 4
はい、チューナー本体の中身です。この基板を出すには銀色ケースのネジを外すだけなので簡単。
残念感満載な基板だけど載ってる部品もなんか汚いし取り付けも全部斜めで雑な感じ。

粗悪なRTL-SDR受信機を買ってしまった話 5
一応、メインの部品だけはRTL2832UとR820T2なので製品説明欄の全てがウソというわけではないけどクリスタルオシレータはTCXOが載ってるハズが普通のSPXOっぽい。温度が上がると周波数がズレていくので全然ダメよね。

粗悪なRTL-SDR受信機を買ってしまった話 6
基板の裏側。汚いニコイチ基板。右下の方に書いてある型番BA5SBAの画像でググると他の怪しい製品がヒットする。この手のUSBドングルタイプのチューナーより一回り大きな(ちょっと高額)のも中身がクソ怪しいのがあるっぽい。
この貼り付けられた基板の右上に28.8MHzのXOらしいチップがある。これも素性が判らないのでなんとも言えないけどTCXOなら商品説明ページに書かれていたTCXOという単語はウソではないということになる。でも、このXOはどう使われているのかしら?というか、オモテ側の基板のXOがチューナーで使われてたら意味ないよね?本来はこの貼り合わせ基板があるところにシリコン製のサーマルパッドがあって、RTL2832UとR820T2から発生した熱を金属ケースに逃がす役割をする筈だった。ところが別の基板が貼られていることで基板裏側からは熱の逃しようがない。張り合わせた基板には申し訳程度に穴が空いてはいるけどこれでどうしろというのだろうか。以前に購入した緑色のチューナーのようにチップ側に銅板を付けてケースに熱を逃がす方が簡単そう。

前回買った緑のチューナーも怪しかったけど今回のより全然マシだった。今回のチューナーは造りが酷いので24/365稼働を想定したフィーダー用に使うのは無理そう。クリスタル貼り替え?これに手を入れる気にはならないよね。
アンテナ作ったときの動作テスト用にでもしようかしら。

ちなみに、Banggoodの今回の商品に星2を付けてありのまま&せめて写真は差し替えろとレビューを書いたら掲載されないし、星2の存在も無いことにされてる(さすがだ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です