Windows10のクリーンインストール

この記事はWindows10リリース日に書いたものなので内容が古いです。2015年秋に仕様変更があり、Windows7,8のプロダクトキーでWindows10がクリーンインストールできるようになりました。

前の記事でWindows10にアップグレードしましたが次はクリーンインストールです。
既に書いていますが、いったんWindows10にアップグレードしてWindowsにMicrosoftアカウントでログインしたら秘密裏にマシン情報がMicrosoftに登録されます。これでライセンス情報とマシン情報とアカウントが紐付きます。(たぶん)

前の記事で使ったインストール用DVDメディアをDVDドライブに入れてPCを起動します。(DVDで起動すること)
いきなりプロダクトキーの入力を求められますが、ここで入力できるプロダクトキーはWindows10用のプロダクトキーです。2015年7月29日時点ではWindows7,8ユーザーにWindows10用プロダクトキーは配布されていないのでここではプロダクトキーは入力できません。スキップします。

あとは普通にWindowsインストールです。

終わった頃に再びプロダクトキーを求められます。これもWindows10用なので「後で」などで入力をスキップします。
ネットワークの設定などを済ませログイン画面が出たら既にWindows10アップグレード時に使用したMicrosoftアカウント( = Windows8で使っていたアカウント)でログインします。インストール後のWindows Updateとかは必要ですが、これで終わり。

クリーンインストール結果

クリーンインストールしたので当然Windows.oldのようなマヌケなフォルダは存在しない。

ライセンス認証済

ライセンスキーを入力してないけどしっかり認証済になっている。

こういう仕組みだとWindows10を暫く使っててマサーボード交換とかしてクリーンインストールしたら弾かれるよね、きっと。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です